ページ

2017/08/03

エレハモから新製品Hot Wax、Crayon とHot Tubes をまとめた2 in 1ドライブペダル (追記)


海外の一部の楽器店が、エレハモの新製品Hot Wax の予約受付を始めました。

同社のCrayon とHot Tubes をひとつにまとめた、2 in 1ドライブペダルです。



ホットワックスの各チャンネルは、単独使用に加えて同時使用も可能。接続順はクレヨン -> ホットチューブスで固定です。

コントロールは上段にクレヨンとホットチューブス個別のDrive とVolume を、下段に両チャンネル共通のBass、Treble、Blend (原音とエフェクト音のブレンド) を配置。

EQ とブレンドはともにアクティブ式で、前者はブーストとカットが可能です。

また昨今のペダルとしては珍しく、バイパス方式にバッファードバイパスを採用。フットスイッチはオンオフ時のノイズが少ないソフトクリックタイプです。

そのほか電源はパワーサプライにのみ対応し、電池駆動は不可能。サプライは標準で付属します。

Electro-Harmonix Hot Wax Dual Overdrive の米国実勢価格は111.70ドル。

本記事の公開時点でエレハモからの正式発表はありませんが、先日開催されたSummer NAMM では展示されていたため、近日中に発表されるものと思われます。

なお海外ではクレヨンがXotic BB Preamp をベースにしており、ホットチューブはWay Huge Red Llama に似ているという噂が流れていますが、それが事実なら約112ドルという価格はなかなかお手頃と言えそうです。


8月15日追記:正式発表されました。製品ページも公開されたので、製品仕様について追記しました。

8月23日追記:国内では9月上旬発売予定。実勢価格は税込1万4400円前後です。

ソース: EHX.com - Hot Wax Dual Overdrive
サウンドハウス - エレクトロ・ハーモニックス一覧

関連記事
客「35年前にエレハモ製品を買ったら倒産してて届かなかった」エレハモ社長「じゃあ今から送るわ」客「!?」

エレハモから新製品Platform、ボリューム奏法機能と歪み回路を備える多機能ステレオコンプレッサー

Electro-Harmonix Battalion 発表。4バンドEQ、コンプ、歪み、ノイズゲート搭載のベース用プリアンプ/DI

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。


関連コンテンツ